トップ>社長挨拶

 
取締役社長
桐渕 光司
 
弊社は、三菱総研DCS(株)(三菱総研グループの総合情報処理サービス会社・東京本社、以下DCS)の東北地区におけるソフト開発の拠点として1986年に設置されました仙台営業所(1988年から仙台支店)を前身としております。
以来、お客様、ビジネスパートナー各社様のご支援のもと仙台支店として業容を拡げる中で、これまで以上に仙台をはじめとする東北地区に密着し、貢献する企業を目指すべく1993年12月に支店から分離独立し、現地法人として設立した会社でございます。

2008年5月にプライバシーマークを取得し、2011年9月にCMMIレベル4を達成するなど、ソフト開発拠点としての基盤強化を実施してまいりました。
尚、CMMIに関しましては、2017年9月に最新モデル(Ver1.3)の最高位レベル5をDCSの支援プロジェクトとして達成しております。

「お客様の視点で自己革新を続けていく」という経営理念の下、社員、ビジネスパートナーの皆さんを含めたメンバーで地元仙台を中心とするお客様、DCS各部門のお客様のソフト開発に取り組み、お客様の信頼の高い会社、三菱総研DCSグループのトップレベルの開発拠点として、地域社会に貢献することを目指して全員が頑張っております。

業務的にはホスト系、オープン系いずれのシステムにつきましてもお客様へのサービスご提案からシステム設計、開発、保守まで全てを手掛けさせて頂いておりまして、公益をはじめ金融(銀行・クレジットカード)、学校、出版、給与等の業務系システム等について豊富な開発経験を有しております。弊社のこれらの経験、ノウハウは必ずやお客様の問題解決にお役に立てることと確信いたしております。また、これからの変化の激しい時代を乗り切って参ります為には同業の皆様は勿論、異業種の企業の皆様との連携協業が大事との認識のもとで、新しい挑戦を模索しております。

お客様のベストパートナーとして、多様化するお客様のニーズに誠意とスピードをもってお応えし、満足度の高いシステムをご提供して行く為に全力投球して参ります。何とぞ今後とも引き続きご支援を賜ります様お願い申し上げます。
2017年11月1日